小児科このページを印刷する - 小児科

療養所から発展した天竜病院の特徴として、医療・看護・療育サービスを通して、それぞれのライフステージに必要な、生活と患者家族サポートを続けています。心身一如の全人的・スピリチュアルな支援を心がけたいと思います。

特徴

  • 小児科一般外来・入院診療に加えて、児童精神科外来・入院患者の診療サポート
  • 肥満外来・学校心電図検診二次検診
  • アレルギー外来(気管支喘息・食物アレルギー)
  • 乳児健診・予防接種外来
  • 重症心身障害児(者)の入院診療・限定的なショートスティ

小児科アレルギー外来(アレルギー小児科)のご紹介

担当は西田光宏(浜松医科大学卒業、医学博士、日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医(小児科))です。
ガイドラインを基にした診療および正しい知識の普及のためのアレルギー教室を開設しています。

食物アレルギーの治療方針

  1. 食物経口負荷試験(食物依存性運動誘発アナフィラキシーに対する運動誘発試験を含む)を実施して食物アレルギーの診断と治療方針を考えます。
  2. 重症なアレルギー症状(アナフィラキシー)をおこす食物アレルギーは食物除去指導、栄養指導、エピペンの使い方などの緊急時対応指導を行います。
  3. 軽症なアレルギー症状の原因となる食物アレルギーは少量から段階的に食べてアレルギー症状を抑制する経口免疫療法を行います。

気管支喘息の治療方針

  1. 小児気管支喘息治療管理ガイドラインを基に診療します。
  2. 夜間の発作と救急受診をなくす、夜ぐっすりと眠れるようにする、学校や幼稚園を休まない、運動しても発作がでない、を治療目標とします。
  3. 治療目標を達成するために、有効性の確立したお薬とともに、服薬指導と環境整備指導と自己管理指導をおこないます。

アトピー性皮膚炎の治療方針

  1. アトピー性皮膚炎診療ガイドラインを基に診療します。
  2. 皮膚炎治療とスキンケアのための軟膏使用方法(Finger tip unit法)をしっかり指導します。
  3. 皮膚炎の再発を予防する治療(Proactive Therapy)を指導します。