栄養管理室このページを印刷する - 栄養管理室

医食同源 ―病気を予防するために―

「医食同源」は病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考えです。

お食事について

栄養管理室では、管理栄養士や調理師が協力し、さまざまな疾患に対応した治療食や食べやすい形態に調整した食事、アレルギー食、個別対応食など患者さま一人一人にあわせた食事の提供に努めています。
食事が「楽しみ」のひとつとなる様、旬の食材を取り入れた飽きのこないメニュー作成を心がけ、選択メニュー食や四季折々の行事食にも力を入れています。
また、「安心・安全」な食事の提供に努めています。
朝食 和食と洋食(パン食)を用意しております。
昼食 月・水・金曜日はA食・B食からお好きなメニューをお選びいただけます。

クリスマス

土用の丑

お誕生日ケーキ

栄養相談について

患者様の病状やライフスタイルを考慮し、食生活が改善されるよう食事指導を行います。
個別指導 入院・外来患者さまを対象に実施
集団指導 糖尿病教室・減塩教室(毎月1回程度)
糖尿病や高血圧、心疾患等の患者さまとそのご家族を対象に実施

個人指導

外来糖尿病教室

減塩教室

チーム活動について

チーム活動に参加し、よりよい医療を提供できるよう努めています。

  • NST(栄養サポートチーム)
  • 糖尿病療養指導・透析予防指導管理チーム
  • 褥瘡防止対策チーム
  • 緩和ケアチーム

HOTの会(毎年 11月3日)

在宅酸素療法を行っている患者さまとそのご家族を対象に勉強会を開催しております。看護師や院内認定摂食嚥下認定看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士が分かりやすく説明をします。